男は組むはず車のローンは簡単

18歳を超えると普通自動車免許を取得できるようになり、教習所に通い免許をとる人も多いでしょう。そして、免許を取ると欲しくなるのはマイカーですね。

昔から憧れていた車があったりする人は憧れの車を見に、特に希望のものがない人でも販売店に足を運ぶ事でお気に入りの車に出会うことが出来るかもしれません。社会人になると、学生時代よりもまとまった金額を手に入れる事ができるようになります。この給与を貯めてから自分の好きな車を購入するのもいいでしょう。

ですが、社会人になりたての場合ですと毎月の給料もそれほど多くはなく仮に新車を購入するとして、その費用数百万円をすぐに貯めるのは難しいでしょう。こんな時のために銀行等の金融機関のマイカーローンやディーラー系のローンがあります。先にまとまった金額を金融機関などから借り、購入後に毎月返済していくのがこのローンです。これにより、すぐにはお金が用意できなくても購入することが可能です。

住宅ローンに比べると金額も小さく期間も短い為金融機関の審査も簡単で緩めなため、安定して毎月給料を得ている人ならばよほど高い車でない限り借入れができないということもないでしょう。このローンを利用することで憧れのマイカーを手に入れる男の人は少なくないでしょう。比較的簡単に借入れができてしまうマイカーローンですが、やはり金融機関ごとに金利が違います。

自分のメインバンクの銀行を利用する決まりもありませんし、ディーラー系の店で購入する場合そこのディーラー系のローンを組まなくてはいけないという決まりもありません。ですが多くの人は、特に初めてのマイカーを考えた時には金融機関のマイカーローンは考えずにカーディーラーに行くと思います。これによって、ディーラー系の金融機関から借り入れをすることになるでしょう。

確かに手間は省けて便利なのは助かりますが、銀行や信用金庫などに比べると金利が高めな傾向がみられます。金融機関との交渉をする手間を惜しむか、金利の低さを選ぶかはそれぞれの考え方があるのでどちらが良いかはわかりませんが、この選択肢を持っておいて損をすることはないはずです。さて、憧れのマイカーを購入する際には大変役にたってくれる自動車ローン。

簡単に借入が可能だからこそ自分の生活と照らし合わせ、車の維持費とあわせて返済可能な金額の借り入れをするという事に気を付ける必要があります。月々の返済額だけではなく駐車場や保険、ガソリンなどのコストも忘れる事がないようにしたいですね。

自分メモ(忘れないために)

2015年はフジカラーの動く年賀状
CMでもやってるの試したい